久々のブログ更新です。

現在、創生種敗北後のイラスト制作を進めています。
それらを今月中旬までには描き上げて、
下旬にパラサキュ先行α版ver0.19のアップデートをしたいところですね。

20220529_1

ミナの快楽攻撃を一度受けると、状態異常「ロックオン」を付与されます。
この状態で再度快楽攻撃を受けてしまうと……???

20220605_2

こちらが今後(次かその次のバージョンで)実装予定の創生種上位淫魔のシルエットです。
どのような敵なのか、楽しみにお待ち下さい。(結構わかりやすいかも?)

【近況(雑記)

太閤立志伝VDXが発売されたのでⅥが出てほしいという応援を込めて購入しました。
学生の時にプレイして本当に面白くて、
学校後に何十時間も遊んでいたくらい好きなゲームでした。
このゲームが神ゲーだと今の世の中で知れ渡ったのが、
自分のことのように嬉しいですね……

ニンダイある度に太閤立志伝Ⅵ(とライブ・ア・ライブのリメイク)出ないかなとずっとTwitterで言ってたので、
VDX発表された時はすごくテンション上がりました。
ドラゴンズクラウンのSwitch版も出ないかな……
権利的に難しいのか、全体的にえっちだから無理なのか……

あと、金曜にようやくシン・ウルトラマンも観てきました。
昼に着いて久々に街を探索しようと思いましたが、
雹が降ってきてうひょ~となりながら
駅周辺(当たらない場所)をウロウロして時間を潰し上映を待ってました。
ウルトラシリーズはあまり観たことがなかったんですが、とても楽しかったです。

※※※ここからシン・ウルトラマンのネタバレ感想※※※

開始3分でめっっっっちゃくちゃ面白かったです。
例のフォントで書かれる字体に!が付いてるのが特撮映画感あって好きです。(ところどころのシーンでおそらく敢えて出してる特撮感がまた良かった)

ここ十数年の間日本で大災害が続いたためか、怪獣が日本のあちこちを破壊しているのを観るのは心に来るものがありましたね……でもニセウルトラマンがやる気ない感じでビル破壊しているシーンはちょっと笑いました。

メフィラス編は長澤まさみがいきなり女型の巨人化してて驚きました。
帰宅後に調べたら元ネタあったんですね……
お風呂に入ってない長澤まさみの匂いを嗅ぐイケメン、
いくらイケメンでも無罪にはならなかった。
公園でブランコを漕ぐメフィラスと居酒屋でウルトラマンと飲み食いして割り勘でいいか聞いてくるメフィラス、絵面が面白すぎてずるい。
ザラブは絶許だけどメフィラスなら上位存在として崇めても別にいいかな……ってちょっと思ってしまいそうなのがまた恐ろしい。

そしてシン・メフィラスのデザインの圧倒的格好良さに惹かれました。
戦闘シーンも格好良かったしBGMも超格好良かったです。
私の中で山本耕史が今一番好きな俳優になったまであります。
真田丸でも鎌倉殿でも印象に残ってるので。

ゼットンが出てきた時は思わず前のめりになっちゃいました。
(え!?え!??これ……これゼットンなの!???)って感じで。
ゼットン……ゼットン……って喋った時は(喋るんかーーーい!!!)って思いっきり内心でツッコミました。
後でそれも原作通りだと知った。
そして強すぎてびっくりした。デカすぎるだろ。

人間が永い時間を掛けて築き上げた文明や叡智が外星人からすれば児戯にも等しいと否定され、そこからウルトラマンの助力を経てゼットンに立ち向かうのはこみ上げるものがありましたね。

そして寂しさと感動が入り混じったエンディングでしんみり……かと思ったら声の出演で高橋一生が一番上に来てて「どこで!!?」ってなりました。
楽しい映画でした。

続編があるならバルタン星人やゴモラ、キングジョーとかも出てくれると嬉しいなぁと思ったり。
でもシン・ゴジラも続編ありそうで発表されないんだよな……あの終わり方で。
竹野内豊が政府の男として出てきたりそういえば総理がシン・ゴジラの外務大臣だったり、設定的には並行世界の続編的な立ち位置なんでしょうかね。

※※※ここまでシン・ウルトラマンのネタバレ感想※※※

あ、あと最近公式で出た米津玄師のMVはネタバレまみれなので、
まだ観てないという方は気を付けたほうがいいですね。

余談なんですが、ウルトラマンがやられてる時何故か妙にエロスを感じませんか???

【最近?買った作品

リジネッタさんの冒険~合同誌付きスペシャルエディション~


触手多めとレズ責め多めという話を聞き購入させていただきましたが、大変シコリティが高い傑作でした。
サンプルでだいたいの内容が察せると思いますが、とてつもないドットのクオリティです。
しかも衣装差分が結構な数あるのですが、全て(たぶん)のドットのやられシーンに衣装差分が反映されているという凄まじさ……!!
ドット制作を手掛けたことはありませんが、その労力がいかにとんでもないものだったかと想像すると恐ろしいですね……
個人的に敗北後エンドがCG付きで欲しかったのは否めませんが、その代わり?に敗北後延々と犯されるドットのシーンがあり、それがどれも良い感じにリジネッタさんが無様な目に遭ってシコれます。
制作に4年以上掛けてらっしゃるようで、「リジネッタさんすごい……」と感服いたしました。
Ci-enの記事によると
更にステージ追加などのアップデートもされる予定のようなので、サキュバスヘヴンと並んで大いに楽しみにしております。
(色んな作者さんが描いた合同誌を同梱する形式、かなり良かったので流行らないかなと思ったりもしました)


女盗賊と変態迷宮

濃厚な状態変化のオンパレードで今回も高いシコリティでした。
モルゲッソヨ化ホントいいですよね……
男のコでも女のコでも、BUZAMA♥な末路を迎えるのは本当にいいものです。(※ただし痛いのと苦しいのと辛いのと可哀想すぎるのは除く)